NEWS & TOPICS
ホーム > NEWS & TOPICS > 2013年6月21日(金)テレビ朝日で放送された『報道ステーション』でファソテックのBIOTEXTURE技術が紹介されました。
  • 文字サイズ変更 
  •  
  • 文字サイズ(小)
  • 文字サイズ(中)
  • 文字サイズ(大)

NEWS & TOPICS

2013年6月21日(金)テレビ朝日で放送された『報道ステーション』でファソテックのBIOTEXTURE技術が紹介されました。


 世界のものづくりを根幹から変え、「新たな産業革命を起こす」と期待される3Dプリンタ。その最先端事情に迫っています。医療機関と提携し、患者からとったスキャンデータをもとに作る生体質感モデルを製造するという技術が取り上げられました。これまでの模型と異なり、患者個々の臓器や血管を、質感を伴わせて造形することができます。

医療の現場での活用例として、生体質感モデルを利用して手術のシミュレーションに取り組む、自治医科大学 消化器・一般外科の佐田尚宏教授が紹介されました。インタビューの中で、佐田教授は「肝臓の中の血管が透けて見えるようなモデルをいろいろな角度から見ることで、安全な手術に繋がる」と話しています。

その他にも、同番組では、個人で3Dプリンタを購入し、ビジネスに成功したアメリカ人男性や、試作車の部品作りに3Dプリンタを活用することで生産時間を従来の25%も短縮したフォード社についても紹介しています。

アメリカでは昨年、ボーイング、IBM、大学が参画する3Dプリンタの研究拠点を設立し、国防総省などがおよそ45億円を投じるなど、3Dプリンタへの注目度がうかがえます。


            

2013/06/25

page top