NEWS & TOPICS
ホーム > NEWS & TOPICS > 前提 OS 以外でのCATIAサポートについてのご案内
  • 文字サイズ変更 
  •  
  • 文字サイズ(小)
  • 文字サイズ(中)
  • 文字サイズ(大)

NEWS & TOPICS

前提 OS 以外でのCATIAサポートについてのご案内


Windows XP Professional SP2 製品サポートが2010年7月13日(米国時間)で 終了となりました。
サポート終了にともない、SP2→SP3へのアップデートをご検討されている お客様もいらっしゃるかと思いますので
以下に、前提 OS 以外でのCATIA サポートについて、Dassault Systemes社(以下、DS社) の見解をまとめます。  
■DS社の見解 Program Directory 等 に CATIA 稼動の前提となる OS が記載されております。
通常、前提で記載されている OS 上で CATIA を稼動させない場合、
DS 社のサポート(技術QA、障害修正)を受けることはできません。
また保守期間にあるリリースでなければ、前提 OS 上で稼動させていても
サポートを受けることはできません。
■FASOTECとしてのサポート 前提 OS 以外で稼動する CATIA のサポートに関して、弊社では
可能な限り、以下のサポートをさせていただきます。

・ 障害に対して、可能な限りのバイパス案をご案内。
  (すべての内容に答えられないケースもございます。ご了承ください)
・ 前提 OS を満たす上位リリース(保守期間内)での検証。
  未修正であれば、障害対応を実施し、上位リリースでの修正。

前述しましたように開発元は前提 OS 上で稼動しない CATIA のサポートは受け付けませんが、
取引先との関係などでリリースアップを実施できないケースもあると思います。
その際には、上記のような、弊社内で対応可能な範囲で最大限サポートをさせて頂きます。

※ 取引先の影響などがない場合は、可能な限り、開発元よりサポートされた OS 上で
  CATIA をご使用頂く事をお勧めします。

■お問い合わせ先
件名を『◆◆ 前提 OS 以外でのCATIAサポートについて ◆◆』として、
下記までご連絡ください。

E-mail cs-info@fasotec.co.jp
2010/08/27

page top