イベント・セミナー
ホーム > イベント・セミナー 一覧 > 『グローバルQMSセミナー 〜新興国で勝ち組になるためのご提案〜』 開催のご案内<終了しました>
  • 文字サイズ変更 
  •  
  • 文字サイズ(小)
  • 文字サイズ(中)
  • 文字サイズ(大)

イベント・セミナー

『グローバルQMSセミナー 〜新興国で勝ち組になるためのご提案〜』 開催のご案内<終了しました>


円高、現地調達率、新興国の台頭など日本の自動車業界を取り巻く環境は厳しさを増しています。
特にボリュームゾーンとなる新興国市場向けの製品戦略には、現地調達を前提とした品質とコストの
バランスが求められます。このような環境で設計に何が求められているか、生産技術、生産、調達に関わる
新しい取り組みにデジタルエンジニアリングがどのように役立つのかを、最新動向を元にご理解いただく
セミナーを開催します。
内容の濃い大変有意義なセミナーです。ぜひご参加ください。

************** 「セミナーに興味はあるが当日参加できない」という方へ *****************
セミナー内容について、弊社担当者からご説明に伺うことが可能です。

ご連絡先(貴社名、部署名、お名前、TEL、メールアドレス)および
「セミナー内容説明希望」とお書き添えの上、PLM事業部(info@fasotec.co.jp)までご連絡ください。
***************************************************************************

.  
セミナー グローバルQMSセミナー
〜新興国で勝ち組になるためのご提案〜
日時 2011年10月25日(火) 13:00-17:10 (開場12:30〜)
開催場所 第一鉄鋼ビル(東京・八重洲)
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-8-2

▼アクセス▼
http://www.tbg.co.jp/map.html
JR東京駅八重洲北口より徒歩2分
プログラム

※内容は変更になることがあります
1. Global Smarter Quality – 新興国市場で日本の自動車産業が安定的に成長するための提言
日本アイ・ビー・エム株式会社
  インダストリアルエグゼクティブ 福士 敬吾
⇒プロフィール


拡大する新興国市場。日本の自動車産業はグローバルプレイヤー間の厳しい競争にさらされています。現地マーケットのニーズを設計・開発に反映し、品質・コストを両立するイノベーションにより、どのように早期にシェアを拡大し、リスクを最小化するか。これらを支援する最新のデジタルエンジニアリングを前提にした、品質領域の課題解決の方向性をご紹介します。


2. 公差設計 実践の重要性
〜グローバルものづくりの実現〜
株式会社プラーナー
代表取締役社長 栗山 弘 氏
⇒プロフィール


高品質かつ低コストは日本モノづくり企業の強い競争の核であり、その土台が開発と製造部門をつなぐ「言語」としの公差活用でした。しかし現状は、このノウハウが日本国内において失われつつある一方、グローバルでは海外企業を中心に公差の活用が進んでいます。
今回は、グローバルでのモノづくりに公差を活用し、成功に導くためのキーポイントをご紹介します。


3. 欧米自動車産業で展開されてきた公差活用の動向
Dimensional Control Systems, Inc.
Software Distribution Manager Mr.John Sienkowski
⇒プロフィール
Dimensional Management Engineer Mr.Gerhard Bell
⇒プロフィール


日本の自動車産業の躍進が続く中で、欧米の自動車産業は決して無策ではありませんでした。彼らは日本人の摺合せ文化とは異なり、業務プロセスの中でGD&TやDE(Dimensional Engineering)プロセスを徹底し、コストと品質の折り合いをつけることのできる自動車開発の手法を導入してきました。
今回は、その海外の実際のトレンドをご紹介します。
※逐次通訳が入ります。


4.非接触測定点群と3次元CADデータを利用した製品検査システム
株式会社アルモニコス
代表取締役 秋山 雅弘 氏
⇒プロフィール


製造後の製品を測定し、開発にフィードバックし、品質とコストの折り合いをつける実証的ノウハウを蓄積することは、設計段階での公差検討に大変大きなポイントとなります。
製品の非接触測定点群と3次元CADデータから製品の不具合部位を容易に発見し、寸法・幾何公差判定まで行う検査システムをご紹介します。


5. 日本の自動車産業が新興国市場のVolume-Zoneで勝ち抜く為の施策
株式会社ファソテック
常務取締役 竹内 淳一
⇒プロフィール


ファソテックが目指すものは、「お客様のニーズの把握に始まり、品質・コストをどう折り合いをつけてグローバルでビジネスを展開するか」
ツール活用術だけでなく、日本の自動車産業を支援する為の全体的なソリューションを複数の企業と共に提供することです。
今回のセミナー全体で語られた内容を再確認し、今後のご支援の方向性をご説明します。

定員 50名(先着順)
お申込方法 @本ページ下のお申込みフォームに入力の上、送信してください、または
Aリーフレット(PDF)をダウンロードし必要事項を ご記入の上、FAXにてお送り下さい。

※お申し込みいただいた方には、開催日までに受講票をお送り致します。
※同業者様のお申込みはご遠慮ください。
共催 日本アイ・ビー・エム株式会社   株式会社ファソテック
協賛 株式会社アルモニコス
お問い合わせ 株式会社ファソテック PLM事業部
TEL: 043-212-2512 FAX: 043-212-2515
E-mail: info@fasotec.co.jp

お申込みフォーム

貴社名 (必須)
部署名(必須)
ふりがな (必須)
お名前(必須)
ご住所
郵便番号 (半角数字入力)
都道府県
市区町村
番地 建物名
お電話番号(必須)
E-mail (必須)
E-mail (確認)
ご登録いただきましたお客様の個人情報は、今後の弊社サービス提供の目的に限って利用させていただきます。
個人情報の取り扱いにつきましては、 弊社個人情報保護方針に則り厳重に管理いたします。
 
株式会社ファソテック PLM事業部
TEL: 043-212-2512 FAX: 043-212-2515
E-mail: info@fasotec.co.jp

2011/09/28

page top