会社沿革
ホーム > 会社案内 > 会社沿革
  • 文字サイズ変更 
  •  
  • 文字サイズ(小)
  • 文字サイズ(中)
  • 文字サイズ(大)

 

会社沿革
1983年 6月 APTを駆使して3次元NC加工を実用化した、草分けの有志によって会社設立。
1984年 2月 日本IBMの販売代理店となる。
1994年 7月 仏ダッソー・システムズ社が開発した本格的3次元CAD/CAM/CAEシステムのサポートサービスを開始。
1997年 3月 情報処理振興事業協会特定プログラム「インテリジェントCAM」の開発を完了する。
1998年 7月 業容拡大のため、活動の拠点を全社レベルで千葉県幕張新都心に移転。
2000年 3月 米国Deneb社(現ダッソー・システムズ社)開発による工場シミュレーションソフト「Deneb(現DELMIA)」の販売を開始。
2000年 6月 現場の発想を生かしたユニークなCAMソリューション「ものづくり・シリーズ」を販売。
2002年 3月
  • 業容拡大に伴い、本社を幕張テクノガーデンに移転。
  • 米国DCS社開発による公差解析ソフト「3DCS」の販売を開始。
2003年 1月 米国DCS社と「3DCS」の日本国内総代理店契約を締結。
2003年 6月 イスラエルOBJET社と「EDEN」の日本国内総代理店契約を結び3Dプリンタの販売を開始。
2003年 10月 千葉県より中小企業経営革新法の認定を受ける。
2004年 4月 「千葉県経営品質賞 奨励賞」を受賞。(2006、2007、2009)
2004年 6月 業容拡大にともない、本社を幕張テクノガーデンに移転。
2005年 9月 業容拡大のため、栃木オフィス開設。
2005年 10月 FA関連のソフト開発・販売会社である浜松合同株式会社(現:株式会社ゴードーソリューション)を子会社化。
2008年 9月 ファソテックと北京江達、上海江達の合弁会社江達発索科技(上海)有限公司設立
2012年 4月 イスラエルOBJET社と3Dプリンタ事業の合弁会社、「株式会社オブジェット・ジャパン(現:株式会社ストラタシス・ジャパン)」を設立。
2012年 7月 CAP事業部(OBJET社製品の販売、機械保守他)を分離し、株式会社オブジェット・ジャパン(現:株式会社ストラタシス・ジャパン)へ移転。
2013年10月 株式会社ストラタシス・ジャパンにおける合弁事業を発展的に解消。
2014年 2月 純粋持株会社となる「ファソテック・ホールディングス株式会社」の設立に伴い、同社の完全子会社となる。
2014年 4月 ストラタシス社製3Dプリンターの販売を再開。
2015年 4月 ファソテック・ホールディングス株式会社の100%子会社として「株式会社デジタル・コアサービス」を設立し、当社開発部門を分離し営業開始。
2018年 4月 株式会社ゴードーソリューション(100%子会社)の全株式を新明和ソフトテクノロジ株式会社へ譲渡。
page top