CATIA SIMULIA
ホーム > 取扱製品 > CATIA SIMULIA 製品紹介
  • 文字サイズ変更 
  •  
  • 文字サイズ(小)
  • 文字サイズ(中)
  • 文字サイズ(大)

設計CAE - CATIA SIMULIA | 設計者解析のCAE製品紹介

 

CATIA V5 アナリシス / SIMULIAエクステンド・アナリシス(CAE)製品の有効性

グローバル市場において、スピード、低価格、高品質といった厳しい条件で競争力を強化するために、多くの企業がCAE(Computer Aided Engineering)を採用しています。しかし従来、CAEは高度なスキルを要する一部の専門家によって、スタンドアローン製品を用いて行われ、かつ開発サイクルの終盤で採用されてきたため、設計に対する効果は限られたものでした。

CATIA V5 アナリシス/SIMULIAエクステンド・アナリシス製品が実現するCAD/CAEの統合環境下であれば、設計プロセスの早い段階でCAEを活用できるようになります。
使い慣れたCATIAのユーザインタフェース上で、設計者自身が設計モデルを直接解析できるようになり、CAEは効果を発揮します。
CATIA V5 アナリシス/SIMULIAエクステンド・アナリシス製品は、強力なツールでありながら抜群の使いやすさを持ち、設計者と専門家のどちらも利用することができます。

 

設計における解析の必要性

設計段階において設計者自身が解析を行うことで、問題の早期発見・早期熟成度向上が可能となり、製品品質の向上が期待できます。また、設計者・解析担当者間の結果待ち時間が短縮されますので、開発期間の短縮、開発コストの削減が可能です。

 

CATIA/SIMULIA-CAEの特徴

設計CAEで効果を上げるためには、設計者が有効に、かつ正しく使えるように、「設計者が使用する」という視点で導入ツールを選定することが不可欠です。

CATIA V5 アナリシス製品/SIMULIAエクステンド・アナリシス製品なら、設計者が必要な機能に絞った操作性の良い「設計者向け」製品が豊富に揃っていますので、メイン業務の設計時間を大幅に割くことなく、確実に効果を上げることができます。

 

ユーザーフレンドリーな環境(理解しやすく使い易い)

  • 直感的なインターフェース
  • 結果がイメージ画像で表示されるため、わかりやすい
  • 強力な自動メッシングツール
 

設計と解析の高速ループ

  • 解析を行うにはワークベンチを切り替えるだけ
    設計変更の際にもすぐに解析モデルに反映される
 

複数の専門分野間のコラボレーション(拡張性)

  • 個別のニーズ(疲労、音響、熱伝導など)に
    対応できる
 

資料請求・お問い合わせ先:

株式会社ファソテック
ビジネス企画推進部

お問い合わせ

TEL:043-212-2512

E-mail : info@fasotec.co.jp

page top